6月2日火曜日、新型コロナウィルス感染予防のため、長らくお休みしていたカフェ事業が再開されました。カフェ再開を待ち望んでいた地域の方々に笑顔で再会出来ました。

 6月は入梅の季節になるため、折り紙で紫陽花を作りました。しばらくぶりの再会に話も弾み、天気が良いので網戸にしている開き戸からは心地よい風が時折吹き込み、心も晴れ晴れとするカフェタイムとなりました。運動不足解消のため、すみたテレビでもおなじみの「北国の春」といつもの「ぼけない音頭」で体も動かし、「また、来週!」と声を掛け合い解散となりました。

 感染予防の観点から3密を避けるため、地区ごとに利用時間を決め、一度に集まる人数を制限して実施しました。開始前の体温測定、手指消毒、体調確認、マスク着用など対策を徹底し、開始前、入替時、終了後に室内の消毒も行いました。カフェの時間帯は午前中のみの短時間となりましたが、皆さんご理解下さり、気持ちよくご協力していただきました。

 中心型カフェは本日火曜日「カフェしょうわばし」に続き、水曜日は「カフェあんるす」、木曜日は「カフェなるせ」と次々オープンです。地域型カフェも開催予定となっております。6月10日(水曜日)には大股地区で「おおまたカフェ」も新しい仲間に加わります。みなさん、これからも、社協カフェでおもしぇぐ過ごしましょう。